MENU

【スキルハックス】自己紹介サイトをherokuで公開する

今回は前回に作った自己紹介サイトをherokuを使って公開(デプロイ)していきます。

まずはGemfileのsqlite3のところを切り取ります。

上記のように書いて、開発環境と本番環境でデータベースの種類を変えるためだそうです。

cd ~/environmennt/profile-site/とすると(master)となっているのは、一度デプロイをしてしまっているので(master)となっています。(エラーが出て何度もやり直したためです・・・)

heroku login –interactiveとして、herokuで登録したメールアドレスとパスワードを入れます。

Gemfile(先ほど書き換えた)を更新するためにbundle –without productionとします。

gem is installedとなるとOKです。次にgit initとして初期化します。ここでようやく(master)となります。

heroku create アプリ名 とします。すでにアプリ名が作られている物は取得できませんので、比較的長いアプリ名になるかもしれません。URLをクリックしてOPENとします。

作ったアプリをherokuに送っていないので、上記のような表示になります。

herokuのところを更新すると上記のような表示になります。

git add .としてすべてのファイルをセーブの対象にします。git commit -m “initial commit”ですべてのファイルを保存します。

以前作ったアプリが表示されるように固定されているようなので、上記のようにして先ほど作ったアプリ名に切り替えます。

git push heroku masterとすることでmasterに保存されている最新の情報をherokuに送信します。

heroku openとして、URLを確認します。

エラーが出てしまったので、heroku run rails cとしてどこでエラーが出ているのかを調べます。

Gemfileでrubyのバージョンが指定できていないためにエラーが出ていました。

上記のように進めていきます。

bundle installとします。

上記のように書きます。

ちょっと必要か分からないですが、git add .から繰り返しました。

URLをクリックしてOPEN。

表示することができました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる