MENU

【スキルハックス】HTMLを初めてCloud9で書いてみる

Cloud9でHTMLを書いていくことになったので、なんだかプログラミングを学んでいるんだな~と感じます。

環境構築で名前を付けたweb applicationという名前が左の矢印のところに表示されています。その下にREADME.mdというのがありますが右クリックでDeleteがあるので選択して消す。右側の矢印のところにWelcomeとあるが×印で消す。

web applicationのフォルダの下の空白部分で右クリックをすると一番下にNew Folderがあるので、クリックする。

フォルダの名前を分かりやすくhtmlに変更します。

さきほど作ったhtmlのフォルダ上で右クリックをしてNew Fileをクリックする。

作ったファイルの名前をindex.htmlとする。○○.htmlというように.htmlで終わるように名前を付ける。

index.htmlのファイルをダブルクリックすると右の矢印の部分が出てきます。

!マークを打ち込んでTabキーを押す。

ズラッと出てくる。

囲った部分は必要ないので消す。

こうなる。

Previewをクリックして一番上のPreview File index.htmlをクリックする。

右側に書いたhtmlがどのように表示されるかを見ることができる。セーブをしないと書いたhtmlが反映されないのでセーブする。WindowsなのでCtrl+Sでセーブする。マックの方はコマンド+Sだそうです。セーブが出来ると矢印のところが×になります。

矢印のところをクリックすると新しいタブで開くことができる。

<title>Document</title>なのでタブにDocumentと表示されています。

<title>初めてのHTML</title>に書き換えてみました。

タブが『初めてのHTML』に変更することができました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる