MENU

【スキルハックス】Rubyでラベルを付ける変数について学ぶ!

今回はRubyで数字や文字にラベルを付ける(変数)ことで、分かりやすくしたりすることができます。

最初に教科の平均点を出すようなプログラムを書きます。()を付けると、()から計算をして割り算をしてくれます。算数と同じなので、理解しやすいと思います。

次に『english = 50』とラベルを付けます。『puts english』とすることで、『50』が表示されます。その下の『60』は4行目の平均です。=(イコール)で結んで、変数に値を保存することを代入と呼びます。

それぞれの点数にラベルを付けて、平均点を出す『puts』を上記のように書き換えると、『60』と表示されました。

次に文字にラベルを付けていきます。『name = “田中”』として『puts』すると、『田中』と表示されました。

『message = “こんにちは”』とラベルを付けて、『puts name + “さん” + message』とすると『田中さんこんにちは』と表示されます。数字の時は『+』は足してくれて、文字の時には『+』はくっ付けてくれます。

新しく『fruend = “鈴木”』とラベル付けをします。『puts friennd + “さん” + message』とすると『鈴木さんこんにちは』となります。一度ラベル付けした『message』は何度でも使うことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる