MENU

【スキルハックス】Rubyで計算の仕方を学ぶ!

今回はRubyで計算をしていきます。足し算・引き算・かけ算・割り算を学んできます。

『puts 1+1』と書いて、実行すると『2』と計算されます。『puts』が後に続くことを表示するので、『1+1』の結果の『2』を表示してくれました。

もうひとつ足し算をしてみました。

引き算の『8-3』を実行してみました。

引き算でマイナスも計算されます。

上記のような計算をしてみます。『*』(アスタリスク)はかけ算で表せるので『5*2』は『5×2』のことです。また『/』は割り算で表せるので『8/2』は『8÷2』のことです。上から『3+2』の『5』、『6-3』の『3』、『5*2』の『10』、『8/2』の『4』が表示されています。

割り算は注意が必要で『10/3』は『3』となっています。『整数÷整数』は『整数』というルールがあるので、小数点以下は切り捨てになります。

小数点以下は切り捨てなので、『11/3』も『3』と表示されます。

小数点以下を表示するには『10.0/3』とすると小数点以下が表示されます。最後が5になっているので。ちょっとおかしいですが、誤差の範囲です。

『10%3』とすると『1』となります。この『1』は『10÷3』をした時の『余り』になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる