MENU

【スキルハックス】プログラミングの環境構築にcloud9なるものが必要と知った

スキルハックスはHTML、CSS、Bootstrap、Ruby、Railsという5つを主軸にして学ぶことができるとの事。

まったく基礎知識もないままにプログラミングスクールに入ったので、その5つがどう違うのか分かっていません。そこは学びながらでいいかな~と思っています。

プログラミングを学んでいくのにcloud9というものが必要だと知って、住所やクレジットカードを登録したりが必要になりました。独学でやっていると、住所やクレジットカードを入力することに戸惑って、何日間か身動き取れずにいたと思います。

サイトは英語だし、一人だと不安だったと思います。

メールアドレスを入力して矢印のところをクリックするとメールが届きます。そのメールのコードを入れるとメールアドレスが正常に検証されます。

パスワードを決めて、続行をクリックします。

名前や住所を入れるのですが、日本語ではなくローマ字で入れないといけません。住所は逆からになりますので、注意してください。

ここで、クレジットカードの情報をいれていきます。1日の使用時間なども決まっているようで、超えると少し金額がかかる可能性があるとの事でした。そんなに大きな金額ではないようです。

電話番号認証も必要になりますので、電話番号を記入してセキュリティチェックもあります。

スマホにコードが届きますので、それを記入。

ベーシックサポートで365日は無料で使えるようです。それでも1日の時間は決まっているそうですが…まだよくわかりません。

セキュリティチェック。

先ほど決めたパスワードでサインイン。

矢印のところをクリック。

分かりやすいように名前と説明を入れるとのこと。入れたらNext step。

変更する必要はないとのことなので、そのままNext step。※長いページだったので下の方だけの切取です

確認してOKなら矢印のところをクリック。

Cloud9が使えるようになるために1分ぐらい上記の画面で待ちました。

使えるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる